さまざまな車検の方法と自分に合った車検の見つけ方

車を所有している人は2年に1度車検を受ける義務があります。この車検はさまざまな方法があり、受けられる場所や点検に必要な費用がそれぞれ異なるので、自分に合った選択をすることが大切です。今回は、それぞれの車検の特徴やメリットについてご紹介します。

技術力の高さを重視する場合

数多くある車検の方法の中でも技術力を重視するのであれば、カーディーラーや民間の車検工場がおすすめといえます。
カーディーラー車検とは、主に新車を中心に扱っている車の販売店で行う方法です。カーディーラーの車検のメリットは、販売しているメーカーについての専門の知識を持っている点になります。整備に必要な設備も充実していて高い技術を持った整備士がいるので安心です。しかし、他の方法に比べると車検に掛かる費用が若干高いことが難点といえるでしょう。
自動車整備工場での車検も、カーディーラ同様に信頼性の高い方法です。民間整備工場は個人で経営している所も少なくありません。そのため、ベテランの技術者がいるケースも多いため、カーディーラー以上の整備を行ってくれることもあります。

手軽に終わらせたい人向けの車検の方法

自宅の近くにカーディーラーや民間の整備工場がなく、いちいち探すのが面倒だと感じる人向けの方法がカー用品店やガソリンスタンドでの車検です。
カー用品店とは、タイヤやアクセサリーといった車用品を販売しているお店になります。カー用品店の車検のメリットは気軽さでしょう。全国展開をしている大手メーカーであれば店舗数も多いため、買い物をする感覚で気軽に車を持ち込むことができるのも魅力です。
手軽さでいえばガソリンスタンドでの車検も負けてはいません。以前は給油のみのサービスだったガソリンスタンドでも車検を行うことができるのです。自分が日常的に給油で立ち寄っている場所で車検ができるのは大きなメリットと言えます。しかし、ガソリンスタンドの車検の場合は簡素な検査になることもあるので、民間車検場などに比べると受けられるサービスが少ないこともあるため注意が必要です。

安い費用で車検を済ませたい人におすすめ

車検に掛かる費用は行う方法によってそれぞれ異なりますが、少しでも費用を抑えたいと考えている人はユーザー車検がおすすめです。
ユーザー車検とは、運輸局に車を持ち込んで自分で車検を行う方法になります。ユーザー車検であれば通常の車検に掛かる人件費などが必要ないので、費用を数万円以上抑えられるのです。そのほかにも、自分で点検することでより一層自分の車に愛着が湧くというメリットもあります。
忙しくて自分で車検をしている時間がないという人は、代行という選択でも費用を抑えることは可能です。これはユーザー車検と同様に、自分で車を持ち込んでその後の手続きを変わりにやってもらいます。これらの車検は午前中に車を持ち込めば夕方には受け取ることができるという点でも忙しい人におすすめです。