車検をできるだけ安価にする方法!

車を持っていれば、2年か3年で一度必ず受けなければいけない車検。高額な金額がかかってしまう上に、場合によっては車を使用できない日も出てくるため、計画立てておかなければなりません。この車検をできるだけ安価で手早く済ませてしまう方法はないのでしょうか。

車検の金額を抑えるコツは?

車検を業者やディーラーに委託して行ってもらう場合には通常、車検代そのものである法定費用のほかに、車検を滞りなく受けるためのメンテナンス料や手数料が上乗せされているもの。法定費用とは車検を受ける際に運輸支局へ支払う費用のことで、自賠責保険料と重量税、印紙代の合計の金額のことです。この法定費用はどの業者で車検を受けても必ず同額となっており、車の違いによって重さによって変化する重量税や、エコカー対象車であるかどうかによって金額の違いが出て来るもの。もしも車検自体の支出を抑えたいと考える場合には、この法定費用以外の金額を抑えることで可能となります。この方法が「ユーザー車検」。自分自身で車検を受けることで、業者へ委託する際に発生する手数料やメンテナンス料を支払わなくても良く、車検を自分で受けることでそのまま車に乗って帰れるため、手早く済ますための方法でもあります。

ユーザー車検を受けるためのポイント!

費用を安価に抑えられるユーザー車検ですが、この車検を受ける方法は簡単。手順としてはまず、運輸支局のホームページなどで車検の予約をとり、その予約日に併せて費用や車検証などの必要書類を持参して検査を受けるというものです。持参するものや金額についてはホームページなどで確認し、準備を早めにしておくことが大切。そして検査自体を合格させるために、前もって車の点検などを自ら行っておくことも必要です。特に検査事項の中で重要なのが、ブレーキやライトなど、目視や動作することで確認できる事項に故障や不具合などがないか。そしてオイル漏れについては下回り検査として、検査場で下から見て確認されるため、明らかにオイル漏れがある場合には修理しておくことが大切です。

車検はいつから受けられる?

自分で故障や不具合がないかどうかを確認してもなお、合格するかどうかが不安な場合には、事前にディーラーなどで点検を行っておくことも一つの方法。特に車が古い場合には何かと不具合が発生していることも多いため、常日頃の安全のためにも必要でしょう。また、車検の時期は全国的に3月あたりに集中することが多く、ユーザー車検などでも希望の日に受けることが困難になることも多いもの。車検は車検満了日から1か月前から受けることが可能。1か月未満であれば、次回の車検満了日は今回の満了日の2年後とできるため、引っ越しなどと重なって車検満了日直前に受けられない場合にも安心して受けられます。車検満了日の1か月前から受けられる車検は、2か月前辺りから準備を進めておくことが、滞りなく完了できるコツともなります。