車検を安くで行う方法

自動車を所有すると車検を行わなければなりません。しかし意外と車検の料金は高く、痛い出費となりがちです。そんな厄介な車検は法律で定められているため料金が固定だという認識を持っている人が多いのですが、実は安くすることが可能です。車検をお得に利用しましょう。

基本的なやり方

車検を安くで行うためには、基本的な手順があるので、それに沿って行います。まずはインターネットを使って車検の見積もり額を出します。この時、1つのお店だけでなく、複数のお店で見積もりを取るようにしましょう。ネットでの見積もり額は正確なものではありませんが、目安にはなります。ここで一番安かったお店に実際に車を持ち込み、正確な見積もり額を提示してもらいます。正確な見積もり額を出してもらったら、そのまま受け入れるのではなく、まずは値引き交渉してみましょう。車検において値引き交渉をする人はかなり少ないのですが、実は場合によっては値引きに応じてくれることがあります。他の店ではもっと安い額を提示してくれた、のようなことを言ってみましょう。どのお店でも車検のお客様を取り合っているのでライバル店の名前を出せば割引が効くことが多いです。

中古の部品を利用する

車検を安くで行うための手順の他にもいつか工夫をすることで更に安くすることが可能です。その中でも比較的行いやすいのが中古の部品の利用です。車検をして車の部品が故障していることが分かった場合、基本的には新品の部品を取り寄せることになります。しかしこの新品の部品はそれなりの値段がします。そこで中古品の部品を使うことで節約するのです。中古の部品というと何となく不安感があるかもしれませんが、中古といっても極端に古い部品はさすがにお店も使いません。ここでいう中古とは、比較的新しい中古です。そのため性能としては全く問題ありません。そもそも問題のある部品を使えば車検の意味がありませんから、心配する必要はありません。ちなみに料金としては半額近くになることもあるので非常にオススメです。

部品が劣化する時期を狙う

少し高度な技になりますが、車検の節約術として部品が劣化しそうな時期に行う、という方法があります。部品の劣化が始まる直前に車検を行うことで、部品交換の効率が良くなり、その分節約することが出来ます。悪い業者に騙されることもないため安心です。車の部品の中には様々な種類のものがありますが、タイヤのようなゴムを利用した部品が最も劣化しやすいと言われています。そのためゴムの部品を交換した時期などをメモしておくと車検のタイミングが分かりやすくなります。ちなみに、部品の交換の目安時期はネットで検索すると簡単に見つけることが出来ますし、ディーラーなどでも教えてくれます。最初は部品の名前を覚えるのに苦労するかもしれませんが、部品をリストアップした表を作れば分かりやすく便利です。